石油や原油から出来る白色ワセリン|いつもの化粧品にプラス

レディー

たくさんの使い道

クリーム

保湿に良い成分と言われているワセリンは、実は石油から作られたものです。石油を精製するときに「ペトロラタムゼリー」という油性の物質が取り出されるのですが、そのペトロラタムゼリーから不純物を一切除去し、さらにそれを高純度に精製したもの、それがワセリンなのです。ワセリンは保湿剤や塗り薬など、様々な用途に使われています。一般的には、ハンドクリームやボディクリームに含まれる成分としての認知度が高いかもしれません。保湿効果に優れているので、肌の乾燥や肌荒れなどに大きな効果を発揮してくれるからです。時間をかけて肌に馴染ませる感じを意識して塗っていけば、より高い効果を得られるでしょう。

ワセリンは、高い美容効果を得られる成分として知られています。実際リップクリームや化粧直しに使うことができるくらいです。リップクリームとして使用した場合、まるでグロスを使ったかのような弾力のあるプルプルした唇に仕上がります。化粧直しとして使った場合は、化粧を隅々まで綺麗に落とせるアイテムとして活躍するでしょう。綿棒をワセリンに気持ち少なめに取って肌に塗るようにすれば、スムーズに化粧を落とすことができます。ワセリンは他にも、ヒビ割れやささくれの治療、花粉対策、虫さされ時のの痒み止めなど、様々な使い道があります。インターネットを利用すればワセリンを成分として作られた商品が簡単に調べられるので、興味のある方は一度調べてみるとよいでしょう。