石油や原油から出来る白色ワセリン|いつもの化粧品にプラス

レディー

保湿力バツグンの薬

クリーム

ワセリンは皮膚に塗る薬の一種です。原油を元に作られており、非常に高い保湿力を持っています。肌に塗ることで、空気中の汚れや細菌などから皮膚を守ってくれる働きがあります。ワセリンの保湿力は、化粧水をも上回ると言われています。化粧水は肌に塗ると中に浸透してしまい、皮膚を保護することができなくなります。しかし、ワセリンは皮膚の中まで浸透しないので表面に張り付いてしっかりと保護してくれるのです。ワセリンは、このような保湿力の高さから様々な用途に使われています。肌のケアを行なう塗り薬として、とても優れた働きをしてくれるのです。

ワセリンの使い方は、いろいろあります。身体のあらゆる部位に使うことができるので、とても便利です。一般的には、手の乾燥やささくれなどをケアする、唇の乾燥を防ぐ、手や足などの乾燥を抑える、靴ずれやマメができるのを防ぐ、入浴後にスキンケアをするなど様々な場面で使用されています。特に乾燥肌の人には、最適な薬であるといえるでしょう。乾燥肌はニキビなどを引き起こしてしまう原因になります。冬場は気温が低く乾燥しやすい状況になっていますので、ワセリンを使って入念なケアを行なうといいでしょう。塗るときのタイミングとしては、入浴後がおすすめです。入浴後は身体が水気を帯びていて、最も潤いのあるときです。それに薬の効果も相まって、肌の保湿力をぐんと上げることができるのです。肌が乾燥しやすいという人は、ぜひワセリンを試してみるといいでしょう。